火災保険と火災共済の違い比較まとめと火災共済の選び方

そもそも、火災保険と火災共済はどう違うのでしょうか?
火災共済は掛金が割安でおトクというのはホントなんでしょうか?

火災や自然災害などへの備えには、火災保険のほか、「火災共済」という選択肢もあります。

以下、火災共済比較
■火災保険と火災共済-運営の違い
■火災保険と火災共済-加入できる人の違い
■火災保険と火災共済-保障の違い
■火災共済の選び方
をまとめてみましたので参考にしてください。
 

火災保険と火災共済-運営の違い

まず火災保険の運営する機関は一般の営利会社である民間保険会社ですよね。
そして保険に関しては金融庁の監督のもとに営業を行っています。

一方で火災共済は、非営利団体である生活協同組合により運営され、厚生労働省の認可を受けた生協が火災共済というパッケージを運営しています。

生協で主なものを上げると、コープ(全国生活協同組合連合会)、全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)などを挙げることができます。

またJA(全国共済農業協同組合連合会)は農林水産省が所管するという具合に、保険という意味では似たような商品であっても管轄する諸官庁が違うんですね。
ちなみに、火災保険も火災共済も同じ「保険法」により規制を受けています。

ですから、まとめると「火災保険」は商品、「火災共済」は組合員の福利厚生、ということができるでしょう。
火災共済には、共済金の支払いが少なくて余剰金が出た場合に「割戻金」と呼ばれるお金が返ってくる制度もあります。

火災保険と火災共済-加入できる人の違い

上でも書いた通り、「火災保険」は商品、「火災共済」は組合員の福利厚生です。

ですので、「火災保険」はだれでも加入できますが、「火災共済」はその生協の組合員にならないと加入することができません

加入できる人
火災保険 誰でも可能
火災共済 組合員のみ

しかし、火災共済に加入できるのが組合員のみだからといって、すぐにあきらめる必要もありません。

JA、全労済などには誰でも加入できるわけではありませんが、生協(コープ)、都道府県民共済などは基本的に誰でも加入できますので、HPを見たり、資料請求をしたりして情報を集めてみるといいと思います。

■コープ火災共済 生協 火災共済
■都道府県民共済 新型火災共済
■JA火災共済
■全労済 火災共済

火災保険と火災共済-保障の違い

風水害保障火災保険と火災共済を保障の面で比較した時に出てくる最初の印象は、火災保険は高くて保障が充実、火災共済は安くてやや補償が弱い、というものでしょう。

もちろん一概にそうとも言えないケースがありますが、大体はそのような理解で合っていると言えるでしょう。

さらに火災保険と火災共済の保障内容の大きな違いの1つに「JA共済以外の火災共済は風水害の保障が弱め」という点があります。

以下に、保険料は無視して、最大で支払ってもらえる保障額を比較してみました。

2000万円の建物が全壊 風水害の保障 地震の保障
火災保険 最大2000万円 最大1000万円
火災共済 新型火災共済(都道府県民共済) 最大600万円 最大300万円
自然災害保障付火災共済(全労済) 最大1550万円 最大400万円
合わせて家族の死亡に対して最大500万円(1名100万円)限度の見舞金
むてき(JA共済) 最大2000万円 最大1000万円

注)「地震保険」は、民間の保険会社であっても制度上、建物に対して最大でも50%の保障しかできません。
また火災保険、火災共済とも保障額が支払われるには、条件を満たさなければいけない場合があります。

火災共済の選び方

地震保障
確かに、風水害の被害における家財保険等の補償額は、火災共済より火災保険に入っていた方がいいようです。

しかしこれは、一概に弱点とも言えません。
なぜなら風水害の保障が必要でない人も大勢いるからです。

例えばあなたの住んでいるところが、川沿いの低地にある
一戸建てで、いざという時に水害危険が予測される場所ならば、水害が手厚くサポートされるタイプの火災保険に入った方がいいかもしれませんが、都会の高層マンションに住んでいる場合、こうした風水害のカバーはほとんど必要ないでしょう。

それならば掛け金の安い火災共済のプランを選択した方がお得と言えるかもしれません。

また、自分の持家ではなく賃貸の場合は地震保険による建物の保障よりも、建物内の家財保険に重点を置いたほうがお得かもしれません。

要は、自分の持っている何に対して保障を得たいのか、にかかっています。
そして家財保険などの必要を満たしてくれる火災保険あるいは火災共済を選ぶのがベストと言えるでしょう。

その点で火災共済は、火災保険を選ぶ際の選択肢の1つとして幅を持たせてくれているのです。

 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (1 投票, 評価平均値: 1.00
)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ