フレッツ光OCN解約手続きの流れと違約金・モデム返却・メールアドレス変更等まとめ

OCNの解約方法

OCNの各種サービスを解約する方法は2種類あります。

1.カスタマーサポートデスクからの手続き

OCNカスタマーサポートデスク
解約するには
・「お客様番号(Nから始まる10桁の番号)」
認証ID
認証パスワード
が必要になります。

OCN解約手続きはこちらのページから→

 

2.電話による手続き

電話番号:0120-506-506
受付時間 9:00~21:00(年末年始は除く)

解約日は、少し幅を持たせることができ、
解約申請当日から翌月末までの間で希望日を選択することができます。
ただし、解約日の月末までは料金が発生します。

 

OCNモデムの返却先

モデムをレンタルしている場合、返却する必要がありますが、
返却先は機器によって変わるので、注意しましょう。
詳細はこちら→

 

OCN解約違約金

OCN違約金
OCNと契約した時に、2年契約など、特定の条件で契約している
にもかかわらず、その期間を満了することなく解約する場合、
違約金が発生します。

これは契約時のプランやキャンペーンなどによって異なりますので、
カスタマーサポートデスクに尋ねるか、
下記のサイトでチェックしてみてください。

違約金詳細はこちら→

解約することで起きることまとめ

OCNを解約してから「困った困ったコマドリ姉妹」にならないために、解約後起きうることを集めてみました。
該当しそうなケースがある場合、前もって対処するようにしましょう。

①OCNのメールアドレスが使えなくなる

当然ですが解約をすると「●●@ocn.ne.jp」のメールアドレスは使えなくなります。
早いタイミングで新しいメールアドレスを連絡するようにしましょう。

ちなみにOCN光やADSLを解約しても、
月々262.5円でメールアドレスを使えるサービスはあります。
詳しくはこちらから→

②IP電話の番号が変わる

これもOCNを解約して、別のプロバイダーと契約した場合現在利用中のIP電話の電話番号が変わります。
連絡先を控えておき、番号の変更を伝えるようにしましょう。

③ネットが使えない期間が発生するかも

解約する日は確実に決まりますが、引越し先で新しいインターネットの環境がすぐに整わない可能性はあります。
もちろんスマートフォンでネットは見れるし、スタバやマックに行けば無料でWifiを利用できますから、長期間でないならそれほど問題にはならないでしょう。

④OCNのブログやホームページが使えなくなる。

もしOCNのブログやHPを利用しているとすれば、解約時にこれらも使えなくなります。
ブログやHPもお引越しする必要が生じます。

⑤OCNマイポケットに保存しているデータが消去される

OCNが提供しているサービス「マイポケット」を利用しているとすれば、そこに保存している画像やデータなどを解約前にバックアップを取っておく必要があります。
忘れずにやっておきましょう。

⑥ポイントークが使えなくなる

OCNではポイントークというのがあり、電話やネット利用料などに使うことができますが、今までたまっているポイントも解約時に消滅することになります。

引越し先でも引き続きOCNを使い続けるようなら、変更届を出すだけでOKです。

 

最近CMでもガンガン流れている「docomo光」ですが、とにかく速いみたいですね。最新の接続方式v6プラス対応なので、上り下り最大1Gbpsというパフォーマンスです。特に携帯がドコモの人はかなりの割引が聞くみたいなので一度値段をチェックしてみるといいでしょうね。

→ 「docomo光」はこちらから

 

 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (1 投票, 評価平均値: 1.00
)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ