引越し運転免許証の住所変更・本籍、氏名変更と更新手続き必要書類まとめ

引越しや結婚等で住所変更、本籍、氏名変更などがある場合、住所変更の手続きをしなくても、引き続き運転免許は有効です。

しかし法律に従い、できるだけ速やかに運転免許証の変更をしておきましょう。
また免許証は本人確認のために利用しやすい証明書ですので、早めに変更しておくことで引越し後の各種手続きにおいて便利になります。

以下、免許証住所変更
■どこで住所変更届をする?
■同一都道府県内での変更手続きの場合
■他の都道府県への変更手続きの場合
■住所変更、本籍、氏名変更手続きの流れと費用
をお送りします。
 

どこで住所変更届をする?

運転免許証の住所変更手続き(あるいは書き換え)は、正確には「運転免許証記載事項変更届」といい、手続きは新住所を管轄する「警察署」「運転免許センター」で行えます。

以前、私も引越し後に住所変更をするために比較的遠い場所にあった運転免許センターに行ったのですが、そこで「近所の警察署でもよかったんですよ」と言われたことがあります。

ですので、最寄りの警察署(交番ではなく、各市町村などにある警察署)か運転免許センターに手続きを行ってくれるかどうか、そして必要な書類の確認を電話で行うのが賢明でしょう。

手続きの受付時間は各運転免許センター、警察署により異なりますが、通常は
■警察署(運転免許課)「平日の8:30~17:00(12:00~13:00は除く)」
■運転免許センター「平日の8:30~17:00(12:00~13:00は除く)+日曜日(時間はそれぞれ異なる)」
となっているようです。

■全国運転免許センターリンクまとめページへ
 

同一都道府県内での変更手続きの場合

変更用の書類は同一都道府県内の場合と県外からの移転で異なります。

住所のみの変更 ■申請書(申請場所でもらえます。)
■免許証
■印鑑(認印でOK。)
■新住所を証明する書類(以下の中で1つでOK)
・住民票(発行から6か月以内。コピーは不可。同一戸籍である複数の人が同時に変更届をする場合1通でOK。)
・印鑑証明書(発行から6カ月以内)
・健康保険証
・住民基本台帳(住所が記載されているもののみ)
・官公庁発行の郵便物(発行から6カ月以内)
本籍あるいは氏名を含む変更 ■申請書(申請場所でもらえます。)
■免許証
■印鑑(認印でOK。)
■新住所を証明する書類(以下の中で1つでOK)
本籍の表示された住民票(発行から6か月以内。コピーは不可。同一戸籍である複数の人が同時に変更届をする場合1通でOK。)
・裁判所発行の決定通知書のコピー

 

他の都道府県への変更手続きの場合

免許証必要書類他都道府県からの転入による住所変更の場合は、
上記の書類+「申請用写真1枚(申請前6カ月以内。カラー又は
白黒、縦3cm×横2.4cm)」が必要な場合があります。

この写真は、申請用の写真なので、運転免許証の写真が変わるわけではありません。

ですのでそこまで質にこだわらなくてもいいですよ^^
 

住所変更、本籍、氏名変更手続きの流れと費用

変更手続きの流れは比較的簡単です。

1.変更届に記入
2.受付で書類を提出
3.免許証の裏面に変更事項記載
4.免許証返却

警察署で空いている時間帯だと5分ほどでできてしまいます。

ちなみに、運転免許証の住所変更手続きにかかる費用・手数料は無料です。
 
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ