引越しで自賠責保険の住所変更をする場合の必要書類と手続きの流れまとめ

引越し後に住所変更を行うものの中に、自賠責保険があげられます。
しかし自賠責保険は他の保険の中でも少々特殊なものと言えるでしょう。
自賠責保険とは?
以下、
■自賠責保険とは?
■自賠責保険住所変更をする必要なあるケース
■自賠責保険住所変更手続きに必要な書類
■自賠責保険住所変更手続きの流れ
をまとめていますので、参考にしてください。
 

自賠責保険とは?

自賠責保険とは、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といい、別名「強制保険」とも呼ばれています。

要は、自動車やバイクを運転する時に、万が一の事故に備えて国が強制的に加入を義務付けている自動車保険ということができます。

事故が起こった時の被害者の救済が第一の目的で、この保険によって最低限の補償を受けることができます。
これは加害者にとっても大きな救済になります。ですから非常に重要な自動車保険ということができるでしょう。
 

自賠責保険の住所変更していないとどうなる?

自賠責保険書類
自賠責保険というのは、車に対してかける保険のことですので、住所のみが変更の場合、もし住所変更手続きなしにその後事故を起こしても保険金は支払われます。

ですから、引越し後すぐに住所変更をせず、次回の車検の時に住所変更を行う人が多いようです。
 

自賠責保険住所変更をする必要なあるケース

「車種」・「登録番号」が変わる場合

車種」・「登録番号」(車検証に書かれている番号・ナンバープレートの番号ではない)が変わる場合は、住所変更手続きが必要です。

ま~普通に考えて、車種や登録番号が変わることはまずないと思いますので、かなりレアなケースだと思います。

「標識番号」(ナンバープレート)が変わる場合

引越しによって、陸運支局の管轄が変わる場合、通常ナンバープレートも変わります。

保険会社によっては、「標識番号」(ナンバープレート)が変わる場合、自賠責保険の住所変更を求めるところもあるようです。

それで気になるようなら、自賠責保険の契約書に書かれている保険会社・代理店に電話をし確認しておくと安心でしょう。

もし、「次回の車検の時で構わない」と言われたら、安心してそれまで乗っていることができるでしょう。
 

自賠責保険住所変更手続きに必要な書類

自賠責保険住所変更
任意保険の場合は、電話やインターネットで住所変更をするだけだったのですが、自賠責保険の場合は書類による変更手続きが必要となります。

その際に必要な書類一覧です。

■自賠責保険証明書 今までの自賠責保険の契約書。
■印鑑 認印でOK。
■車検証 新しくなった登録番号や標識番号が確認できる書類であればOK。

 

自賠責保険住所変更手続きの流れ

自分で保険会社の窓口に行く場合

自分で自動車保険会社の窓口に行く場合、あるいは代理店に行く場合、上記の必要書類を持参すれば手続きをやってくれます。
何も難しくありません。
 

郵送で手続きをする場合

郵送でする場合、まずは保険会社に電話をしましょう。
必要な書類が送られてきますので、それに記入し、自賠責保険証明書と車検証のコピーを同封して送り返します。
手続きには約2、3週間はかかるので、そのつもりで行いましょう。
 
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ