引越し衣類の梱包箱詰めの仕方-絶対おすすめ「ハンガーBOX」

衣類の梱包
引越しの際、衣類をどのように梱包したり箱詰めにしたら
いいんでしょうか。

一昔前なら、しわになったら困るワンピースはハンガーに
かけた状態で二つ折りにしたり、背広やジャケットなら
裏返しにしてたたんだり、あるいは襟を立てて縦に二つ折りにしたりすることが多かったわけです。

もっと衣類のことに気にかけない人なら、ゴミ袋にまとめて入れて運ぶ!なんてやっていたかもしれません。

絶対おすすめ「ハンガーボックス」を利用しよう!

しかし今はどこの引越し業者を利用しても「ハンガーBOX」と呼ばれるものが使われています。

これは縦長の段ボールに、ハンガーを掛ける柄の部分があり、タンスに入っている状態そのままで服をかけられるようになっています。

■洋服ダンスからハンガーBOXに入れるのも
■新居についてから再びタンスに戻すのも簡単
というわけでとっても重宝します。

引越し業者に引越しを頼む場合、プランなどにもよりますが、このハンガーBOXを無料あるいは有料で利用することができるでしょう。服が傷まない点、また時間の節約などを考えると有料であってもぜひ活用すべきだと思います。

しかし個人で引越しをする場合、業者に借りるわけにもいかないし・・・と思われた方、朗報です!なんとアマゾンで、この「ハンガーBOX」が売られていました。


引越/保管用ハンガーボックス

引越/保管用ハンガーボックス(エコノミータイプ)の口コミ評判

アマゾンで売られているいくつかのハンガーボックスの中で、とくにこの業者の商品が高評価なので、口コミ評判をピックアップしてみました。

この箱(段ボール)はかなり丈夫です。ハンガーをかける柄の部分はしっかりとした金属で出来ているのでたくさん掛けても大丈夫だとおもいます。蓋になるところがかなり開くので、長物のコートなども収納しやすい。引っ越しでは重宝しました。

本体価格1000円強、送料1000円強で、一見高くついてしまうように思われますが、大変強度の高い段ボールでしっかり作られており、何度も再利用ができるので、決して無駄な投資にはなりません。
一般的なスーツやコートであれば余裕をもって収まる大きさです。
また、輸送中に衣服が左右に寄ってしまわないよう、一定間隔にフック(突起)がついているなど、気が利いています。

容量も頑丈さも十分であり、引越し用に2つ購入しましたが全く問題無くかなりの洋服が入りました。

トップに戻る

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ