引越し見積もりの流れと見積もり2種類詳細

見積もり2種類
見積もりには、概算のもの正式なものの2種類があります。

概算は、
電話やインターネットで大体の金額を尋ねることになりますが、
正式な見積もりをもらうには最終的に自宅まで来てもらって
実際の荷物を見た上で出してもらう必要があるでしょう。

引越し内容がおおよそ定まったら、いよいよ業者に費用を見積もってもらいましょう。この時、1社だけでなく
3社以上から見積もってもらうのが重要になります。
 

1.概算見積もり

たくさんある業者から、もっとも適切な業者を選ぶのは非常に大変です。幸いにも今では
便利なインターネットで一括無料査定を頼むことができますから、フルで活用しましょう。

各引越し業者の公式サイトに行くと、見積もりページは
ありますが、いちいち同じ情報を入力する必要があるのが面倒でしょう。
その点「一括見積もりサービス」だと一度ですべてが済みますから使わない手はないでしょう。

入力の際に必要な情報は、
■荷物の数量や種類
概算見積もり■現在の住所
■引越し先の住所
■転居先の状況
■引越し希望日
■作業の時間帯
■連絡先のメールアドレス
■電話番号
などです。
通常、見積もり後は自分から連絡を取らなければ見積もりの有効期限が切れてしまうので、断りの連絡を入れる必要がないので気楽でしょう。

しかし、気に入った条件の引越し業者が見つかったとしてもすぐに契約するのではなく、正式な見積もりを取るために、自宅に来てもらった方がいいでしょう。

★まずは、概算で一括見積をしてみる→

 

2.正式見積もり

正式見積もり
概算見積もりをしたら、いくつかの引越し業者に絞り、
連絡をして直接家まで来てもらって正式な見積もりを出してもらいましょう。

引越し業者によっては、概算見積もりで安くしておいて、
正式見積もりで大きく金額を上げてくる場合もあります。

 
最初に来た業者の見積金額が安いようなら、
その金額を次に来た業者への値引き交渉に使ったり、
値引きができなくても梱包資材をサービスしてもらうなど大いに活用しましょう。

実際には訪問してもらい正式な見積もりを出してもらうには1時間くらいかかります。
さすがに見積もりの業者同士が鉢合わせになるのは失礼ですから、時間配分は多少のゆとりをもって呼ぶようにしましょう。

★一括見積りランキングへ→

 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ