引越しで固定電話の住所変更をする場合の手続き方法まとめ

引っ越しの際、固定電話を持っている場合は電話回線の住所変更手続きをする必要があります。
手続きは大きく分けて2つ。
①旧住所の固定電話回線の停止
②新住所の固定電話回線の利用開始
ですが、NTTに連絡をすることで同時に行ってもらえます。
固定電話住所変更
以下、
■固定電話住所変更の方法
■引越しで固定電話の電話番号は変わる?
■固定電話変更案内サービス
■固定電話移転の工事費用
をお送りします。
 

固定電話住所変更の方法

固定電話の住所変更を行う方法は2種類あります。
①電話で行う場合
②NTTのホームページで行う場合
 

電話で行う場合

電話で住所変更を行う場合、「116」に電話しましょう。
NTT全体のお問合せ窓口となっていますので、ナビダイヤルで順々に選択し「引越しによる住所変更」であることを伝えます。
電話で住所変更
そこで尋ねられるのが、
現在使用中の電話番号
契約者の氏名
現在住んでいる住所
引越し先の新しい住所
現住所での電話機の取り外し日
新住所での取り付け日の希望日
になります。

電話をする前にこれらの情報を用意をしておくと、あたふたしなくて済みます。
 

インターネットで行う場合

インターネットで固定電話の住所変更を行う場合、当然NTTのホームページにいけばいいのですが、実はNTTの管轄は東日本と西日本の2つに分かれています。

ご自分の今現在住まわれている都道府県が、どちらに属しているのかをチェックし、そのあとでNTT東日本かNTT西日本のホームページにいきましょう。

NTT東日本のサービス提供地域 NTT西日本のサービス提供地域
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
NTT東日本のHP(住所変更) NTT西日本のHP(住所変更)

あとは必要情報を入力し、変更手続きをするだけでOKです。
 

引越しで固定電話の電話番号は変わる?

引越しによって住所が変わる場合、通常は電話番号も変わります。
しかし、もしあなたが引っ越す新住所が同一市町村内であれば、現在使用している番号をそのまま使うことができます。

もう少し正確にいうと、NTTの収容局が同じであれば、同一局番を使うことができます。
たまに同じ町名でも局番が違う場合があり、それだと電話番号も変わってしまうことになります。
 

固定電話変更案内サービス

現在使用している番号が変わる場合、NTTには新しい電話番号を案内してくれる無料サービスがあります。

新居と現住所の両方の家で電話が利用できるサービス
(電話番号が変更になってから7日以内)
元の番号にかけた人に移転先の電話番号を案内してくれるメッセージサービス
(電話番号が変更になってから3ヵ月以内)
などがありますので、詳しくは住所変更手続きの際に詳細をお聞きください。
 

固定電話移転の工事費用

固定電話移転には工事費がかかり、2パターンのうちの1つになります。
①新居に電話線が引き込まれている場合
②新居に電話線が引き込まれていない場合

ほとんどの場合は①になると思います。
 

新居に電話線が引き込まれている場合

電話移転工事
家の中に電話線が引き込まれている場合、立ち会いは必要ではありません。
申し込むだけでNTT側が勝手に工事をしてくれます。

移転工事は予約が必要になるので、住所変更を電話・ネットで申し込む際に、予約を入れましょう。

工事費は約2,000円となります。
 

新居に電話線が引き込まれていない場合

もし何かの理由で、引越し先の住居に電話線が引き込まれていない場合は、電話線を引き込むための移転工事が必要となり、あなたの立ち会いが必要になります。

この工事も予約が必要になりますし、少々大掛かりになるので引越し日より1週間~10日前に工事してもらえるよう予約することをお勧めします。

特に引越しが多い時期2月~4月頃は工事も混み合いますので、引越しの日が決まったら早めに予約するようにしましょう。

この場合の工事費は、電話線の引き込みの難易度によりますが、10,000円以上はかかると思っておいた方がいいでしょう。
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ