引越し布団の上手な梱包・箱詰めの方法とお勧めふとん袋&ふとん圧縮袋

引越し布団
引越しの際の上手な布団の梱包の仕方と箱詰め方法です。

布団は必ず布団袋を使いましょう。
布団袋の購入をケチって、運んでいる最中に落としたりすると汚れてしまったりすると元も困りません。

引越しの業者を利用する場合、布団袋を無料でもらえたり、貸してくれたりするかもしれませんのでぜひ活用しましょう。

自力で引越しをする場合、お勧めのふとん袋、あるいはふとん圧縮袋については下で紹介していますので参考にしてみてください。
 

布団の重ねる順

布団や毛布をまとめて梱包あるいは袋詰めする場合、基本は下の方に重いものを、上の方に軽いものを持ってくることでしょう。

例えば羽根布団などを持っている場合は必ず上に位置するように持ってくるべきです。
理由は2つあります。
■1つ目は、下に軽いモノ、上に重いモノを載せると下のモノが傷んでしまいます。
■2つ目は、布団袋を運ぶ際に上が重いと持ちにくいからです。

ですので、必ず重いものを下に持ってくるように袋詰めしてください。
 

布団を運ぶ時にやってはいけないこと

素人考えでありがちなのが、ワレモノや貴重品を布団に挟んで運ぶということです。
もし自分一人で運ぶ場合ならそれでもいいかもしれません。

しかし、引越し業者や友人などに運送を頼むのなら布団は布団のみで梱包しておきましょう。
通常布団は「壊れ物ではない」と考えてあまり丁寧に扱われることはありません。

布団袋を放り投げるようなことは無くても、ラフに扱われることが予想されます。
布団の中に入れていた貴重品や割れ物がなくなったり、壊れたりして、あとあとトラブルになりかねませんので注意しましょう。
 

引越しのお勧め布団袋

最近の布団袋は非常に丈夫でありながら値段も安く、とても運びやすいのでぜひとも利用したいものです。
基本は、大きなカバンのような感覚で、布団を詰め込んでいくことになります。
今は布団ケースとも呼ぶようですね。

東和産業 引越し用布団袋 L

 

引越しお勧めふとん圧縮袋

ふとん圧縮袋の利点は、布団がぺったんこになることで荷物のカサが減り、しかも運びやすくなることでしょう。
ふとん圧縮袋も進化していて、丈夫で何度でも使える物が主流となっているので、お勧めです。

【Amazon.co.jp限定】布団圧縮袋 LLサイズ(120 X 92cm。2枚) Lサイズ(100 X 85cm、2枚) バルブ式圧縮袋 マチ付ふとん圧縮袋 衣類圧縮袋 ふとん収納 旅行 引越し 夏用布団 冬用布団 衣替え 圧縮袋 VB-1

 
トップページへ
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ