引越しの時のガス住所変更手続き方法と全国ガス会社一覧まとめ

電気・ガス・水道の住所変更は、引越しでバタバタしている最中に行うことになるので、事前にその流れを知っておき、やるべきことをしっかりと行うようにしましょう。
ガス住所変更
以下、
■ガス会社の住所変更
■引越し前の手続き
■引越し当日の手続き
■ガス会社リンク集
を掲載しています。
 

ガス会社の住所変更

ガス会社の住所変更は、電気・水道とは少々異なります。

「引越し前に連絡を入れること」と「当日に清算をすること」は一緒なのですが、新居でガスの使用開始をするためには、ガスの開栓前に、ガス漏れ試験、燃焼試験、ガス器具の調整を行うので、「立ち会い」が必須になります。

前もって立ち会い日時(通常は引越し当日)を決めておかないと、引越しした当日からガスを利用できませんので注意しましょう。

では一連の流れを解説します。
 

引越し前の手続き

引越し前、通常は1週間ほど前には、現在使用しているガス会社に連絡を入れ、引越しをする旨を伝える必要があります。

ガス会社の住所変更は、通常3つの方法があります。
①電話
②インターネット
③FAX

全国には大小を含む数十のガス会社がありますが、そのほとんどがこれら3つの方法で住所変更できるようになっています。

ガス会社に住所変更を伝える際に必要な情報は、
使用者名義(契約者)の名前
申し込み者の名前
お客さま番号
現在使用している住所
現在使用している場所の電話番号
になります。
あらかじめ、これらのデータを準備したうえで連絡するようにしましょう。

お客様番号

 

引越し当日の手続き

旧住所で

引越し当日、ガス会社の係員が来てメーターを確認し、料金を精算してくれます。

後日精算することも可能ですが、現金を持っていたらその場で支払いを済ますことができます。

新居に引越し後もやるべきことはたくさんありますから、その場その場で用事を済ませていた方が賢明でしょう。
 

新住所で

新住所のほうでは、引越し当日(あるいはその他の日時)に、新住所管轄のガス会社が立ち会いに来てくれます。

係員は、「ガス漏れ試験、燃焼試験、ガス器具の調整」を行ったあと、使用上の注意や支払方法についての説明をしてくれます。

一通り聞いたら、最後はハンコを押すことになるので、あらかじめ印鑑をすぐに出せるようにしておきましょう。

以上で、ガスの住所変更手続きは完了です。
お疲れ様でした。
 

ガス会社リンク集

東京ガスのような大きな都市ガスだけでなく、全国にはプロパンガスなどを扱っているガス会社が多数あります。

それで引越しをする場合、新住所で利用できるガス会社を調べ連絡する必要があります。

以下、全国のガス会社を調べられるサイトをご紹介していますので、参考になさってください。
■日本ガス協会
■wiki 日本の企業一覧 (電気・ガス)
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ