JR貨物を引越しで利用する場合の流れと業者一覧まとめ

JR貨物引越し
あまり引越しにJR貨物を利用したことがないかも
しれませんが、中長距離の引越しの場合、
割安になる場合があります。

JR貨物は、毎日420本以上の貨物列車と、
約880車ある通運事業者のトラックが
コンテナを利用して鉄道とトラックの
共同一貫運送で運ぶため、中長距離(500km以上)の引越しの場合、リーズナブルに引っ越すことが可能です。

JR貨物の料金体系系の基本は、貨物駅間の距離、または駅からの集配距離で決められます。

集荷料金(トラック)+鉄道運送料金+配達料金(トラック)

 

JR貨物を利用するメリット

JR貨物を利用する一番のメリットは、長距離の引越しで割安になりやすいということ。

そして基本的に貨物はダイヤどおりに運行するので、「非常に時間が正確である」ことでしょう。
例えば、東京から札幌に輸送する場合17時間20分となっていて、飛行機便と変わらない時間で荷物を運ぶことができます。

また交通渋滞の多い首都圏の場合は、たとえ近距離であってもメリットがあります。
確実に時間通りに荷物が届くのはうれしいですよね。

またJR貨物では着駅での「保管サービス」というものもやっていて、「5日間は無料で保管してくれます」。
ちょっとした倉庫のように利用できるので、こちらの引越しのプランに幅を持たせることができるのもうれしいですね。

 

JRコンテナの大きさは?

荷物を入れることになるコンテナの大きさは、床面積が8㎡、容積18立方メートルとなっています。(高さ2247mm×幅2325mm×長さ3715mm)。

ちょうど4畳半の部屋いっぱいに荷物を詰め込むようなイメージになると思います。
コンテナ1個につき、1人~2人分の荷物を詰め込むことができる感じでしょう。

 

実はJR貨物に直接引越しを頼むわけではない件

いろいろ調べてて分かったのですが、一般の貨物とは異なり、引越しの場合は直接JRに問い合わせても運んでくれないようです。

JR貨物のホームページを見ると、

「鉄道コンテナ輸送のパートナーである利用運送事業者(トラック輸送会社)の担当者が、お客様のご自宅にお見積もりに伺います。」

とあります。
つまり「提携しているトラック事業者=引越し業者」に連絡を取ることになる、ということなんです。

 

JR貨物と提携している引越し専門業者一覧

「一覧」と書いたものの現時点では2社のみです。^^;
随時追加していく予定ではありますが、もしご存知の方がおられたらコメント欄に書いてください。よろしくお願いします^^

日通
アリさんマークの引越し社

ただし、JR貨物を利用すれば必ず安いというわけではありません。
ですので、引越し一括見積を行う際に「日通」さんと「アリさんマークの引越し社」さんを含め、トラックでの引越しとJR貨物を利用した引越しとどちらが安くなるか見積もりを出してもらうのがベストでしょう。

★引越し見積もり査定で、JR貨物がお得かどうか調べる→

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ