引越し後の軽自動車の車検証住所変更手続き流れと必要書類まとめ

引越しして住所が変わると、軽自動車の車検証も当然ですが住所変更手続きをする必要があります。
基本は普通自動車車検証の住所変更手続きと同じと考えていいでしょう。

普通車と軽自動車の手続きで大きく違うところは変更手続きをする場所が違うことと、車庫証明がいらない場合がある点でしょう。
軽自動車車検証住所変更
以下、
■車検証住所変更のために自分で準備する書類
■軽自動車協会で入手する書類
■軽自動車協会での変更手続きの流れ
をまとめているので、参考にしてください。

 

車検証住所変更のために必要な書類

■あなたの住民票(新住所へ変更済みのもの・発行日から3カ月以内のもの)(サンプル
■車検証(サンプル
■新しく取得した車庫証明書(発行日から1ヵ月以内のもの)(サンプル
※軽自動車の場合、登録するエリアによっては車庫証明書がいらない所があります。
「軽自動車保管場所届け出」が義務化されている地域を見る→(全国車庫証明ネットワーク

■委任状(もし軽自動車の所有者か使用者があなた以外の人の場合のみ)
■印鑑(もし軽自動車の所有者か使用者があなた以外の人ならその人の印鑑も)

 

軽自動車協会で入手する書類

これは、名義変更をするために行く軽自動車協会で当日入手する書類です。
通常は協会内にある「売店」で販売されています。

■申請依頼書(OCR)(サンプル
■自動車税申告書(サンプル

 

軽自動車検査協会における変更手続きの流れ

軽自動車協会まず新居を管轄している「軽自動車協会」がどこかを調べましょう。
全国軽自動車協会リンク集

もし、あなたの新居の管轄が以前の住所と同じなら、住所変更届をするだけで車検証もOKです。
しかしもし違うようなら、ナンバープレートも変更しなければなりません。

住所変更のみ 住所変更+ナンバープレート変更
下へ↓ 1.ナンバープレートを外す普通自動車の場合、後面のナンバープレートは封印されているのですが、軽自動車には封印はありません。ですので、軽自動車検査協会についたらさっさと大きめのマイナスドライバーなどを使って外しましょう。

もし工具を持っていくのを忘れたら、プレートの返納窓口で貸し出しをしているので、聞いてみましょう。

2.売店に行く。度は同じ軽自動車検査協会内にある「売店」に行き、
申請書(OCRシート)」(サンプル
自動車税・自動車取得税申告書」(サンプル
を購入します。

住所変更手続きに必要なOCRシートへの記入は、すぐ近くに記入例が張り出されていますので、それほど難しくはないでしょう。実印を押す部分にしっかりと押印しましょう。

下へ↓ 3.ナンバープレート返納窓口に行く。書類一式が完成したら軽自動車検査協会内のナンバー返納窓口にてナンバープレートを返納します。
返納し終わると、「申請書」に返却印を押してくれます。
4.申請窓口に行く。これも運輸局内にある「申請窓口」に行き、
■「OCRシート」
■自動車検査証
■住民票
■委任状
■車庫証明書
を提出します。
5.新しい車検証を受け取る。申請窓口で名前を呼ばれ、新しい車検証の交付を受けます。
交付された車検証に記載ミス等がないか、必ず確認を行って下さい。
6.税事務所へ変更内容の申告する軽自動車検査協会内の「自動車税事務所等の税申告窓口」に、変更内容の書かれた「自動車税・自動車取得税申告書」と「新しい車検証」を提出します。
これで今後の自動車税の通知書等は、新居の住所へと送られるようになります。
終了 7.新しいナンバーの交付してもらう軽自動車検査協会内のナンバー交付窓口に行き、新しいナンバープレートを購入します。
ナンバープレートとビスなどを受け取ったら、自動車に戻り、プレートを取り付けましょう。
また希望ナンバーを事前に申請していた場合は、こちらで希望ナンバーを受け取りましょう。
8.ナンバープレートを取り付ける車に戻ったら、さっそく新しいナンバープレートを付けましょう。

以上で、車検証の住所変更が終了となります。お疲れ様でした。

 

必要書類サンプル

■住民票 住民票サンプル
■車検証 車検証サンプル
■車庫証明書 車庫証明書サンプル
■手数料納付書 手数料納付書サンプル
■申請書(OCRシート) 申請書OCRサンプル
■自動車税・自動車取得税申告書 自動車税・自動車取得税申告書サンプル

■普通自動車の車検証住所変更ページへ

 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ