新居探し新居選びで確認すべきチェックポイントまとめ

購入であれ賃貸であれ、新居探しは気を使いますよね。
長い間住む可能性のある住居ですし、どうせなら快適に生活したいですから、慎重に選びたいです。

家探し
確認すべきチェックリストがあれば便利だと思い、
以下に作ってみました。
■新居選びのコツ
■金銭面のチェックリスト
■建物(専有部分)のチェックリスト
■建物(共用部分)のチェックリスト
■周辺環境のチェックリスト
 

新居選びのコツ

新居を探すのってワクワクするのと同時に、迷いますよね。

新しい生活を思い描きながら、「ここにテーブルを置いて、ここにソファーを置いて・・・」なんて考えると、「この家にもあの家にも住みたい!」って思うかもしれません。

また家族が多いと、それぞれ好みが違い、住みたい家が異なってしまう問題も生じます。

新居選びで迷った時のために新居探しのコツを教えちゃいます!

それは、各自、自分がこれだけは譲れないという条件を決めて物件を探すということです。

家族全員のすべての条件を満たした物件を見つけるのはほぼ不可能。
ならば、絶対に譲れない条件をそれぞれが出し、それが満たされる物件を探しましょう。
コンビニ
例えば、
・駅が近い
・スーパー・コンビニが近くにある
・駐車場が使える
・公園が近くにある
・リビングは10畳以上
・お風呂が広い
などがあるかもしれません。

新居探しをする前に絶対条件を決めておくことで、他の部分には妥協しやすくなり、新居選びが前に進みやすくなるでしょう。
 

金銭面のチェックリスト

家を買う、あるいは借りるということは「契約」をするということです。
ですので、まずは金銭面で必要なところを必ずチェックしておきたいものです。

もちろん、下見をして気に入ってから考えてもいいですが、忘れないようにするために一番最初に挙げておきます。

■家賃はいくら? ・一般的に、家賃の目安は1か月の収入の3割以下がいいとされています。
それ以上割合が高くなると生活が苦しくなると覚えておきましょう。
■敷金・礼金はいくら? ・敷金と礼金の額もしっかりとチェックしましょう。
他の物件と比較してあまりい高いようなら、値下げの交渉をした方がいいでしょう。
■管理費・共益費はいくら? ・マンションの場合管理費・共益費が必要です。古いマンションの場合は修繕費なども支払う必要がある場合もあります。
■家賃の発生日は? ・その家に引越しするとして、家賃の発生日はいつになるでしょうか。
引越し時には敷金や礼金以外にも意外と出費が重なるので、しっかり確認しましょう。
■入居可能日は?あるいは即入居可? ・入居日は、旧家の退出日との兼ね合いもあるので要チェックです。
場合によっては、今住んでいる人が出てから、壁紙や畳の張替の工事が発生する場合もあり、意外と時間がかかるケースもあります。
■日割り清算になる?それとも1か月単位? ・入居するのが月の半ばなどの場合、家賃は日割りにしてくれるのか、それとも1か月分払う必要があるのか確認しましょう。
■清算方法は? ・銀行振り込みに対応しているのか、あるいは他に大家さんの希望があるのかチェックです。

建物(専有部分)のチェックリスト

一軒家選び
マンションの場合は主に室内、そして一軒家の場合やもちろん敷地内すべてに関する部分です。
1つ1つしっかりとチェックしていきましょう。

みんなが納得のいく物件を選びましょう。

■部屋の数、広さは十分? 基本ですよね。これが満たされないと始まりません。
■キッチン・水回りは使いやすい? ・特に主婦にとってキッチンは重要でしょう。おいしいご飯を作ってもらうためにも奥様の意見を尊重しましょう。
水回りのパッキンの汚れや排水の良さなども確認しておきましょう。
■お風呂はキレイか? ・お風呂の広さや新しさなども必ずチェックです。
■日当たりはいいか? ・基本日当たりのいい家は快適です。太陽が当たらないようだとカビが生えやすかったり寒かったりします。
リビングなどが南側にあるか、隣の建物に遮られていないかチェックしましょう。
■天井の高さは? ・マンションなどの場合、天井の高さが低くて圧迫感を感じる場合があります。
また背の高いタンスなどを所有している場合、ちゃんと入るかどうか高さを測っておいたほうがいいでしょう。
■冷蔵庫・洗濯機は置けるか? ・旧家で使っている冷蔵庫や洗濯機はちゃんと収まるでしょうか。
もし入らない場合は新しいものを購入する必要がでてくるかもしれませんので、重要です。
■コンセントの数は十分か? ・通常各部屋にはコンセントがあるはずですが、その数は十分でしょうか。
たくさんのオーディオ・パソコン機器などを所有している人は確認しましょう。
■電話のモジュールの位置は? ・電話のモジュールはどこにありますか?
通常はリビングなどにあるかもしれませんが、もしかすると廊下についているかもしれません。
■エアコン、ガス台の有無 ・エアコンやガス台は据え付きでしょうか?あるいは自分で持ち込む必要がありますか?
エアコンを自分でつけることは可能でしょうか?またコンロの数が2個か3個かも重要な問題です。
■クローゼットや押入れなど収納スペースは十分か? ・荷物が多い人の場合、収納スペースが十分かどうかしっかりと測っておきましょう。
■窓、ふすまなどの滑りはいいか? ・窓や収納・ふすまなどのスライドはスムーズでしょうか。
立てつけが悪かったり、地震などで歪んでいたりしないでしょうか?
■防犯は十分か? ・ドアチェーンやのぞき窓はしっかりついていますか?窓から侵入されるようなことはないですか?
後で後悔するようなことがないように防犯設備はしっかり見ておきましょう。
■鍵とチャイムはちゃんとしている? ・鍵の開け閉めはスムーズでしょうか。チャイムはしっかりと鳴りますか?
■玄関スペースとバルコニーの広さは十分? ・靴の多い人は玄関スペースが広い方がいいでしょう。また植物などを育てている人はバルコニーの広さなどもチェックが必要です。
■室内の汚れ ・なくて当たり前なのですが、壁が汚れていたり、傷がついていたりしませんか?
もしあれば直してもらえるのか、それともその分割り引いてもらえるのか、など相談しましょう。
■においは? ・古い家独特のにおいがしませんか?長く住むかもしれない家ですから嫌なにおいがする場合はやめておいた方がいいでしょう。
■バリアフリーは? ・車いすが必要だったり、お年寄りが同居する場合などはバリアフリーをチェックする必要があります。
部屋の入り口に段差はないでしょうか。廊下の幅はちゃんと78センチ以上ありますか?

 

建物(共用部分)のチェックリスト

マンション選び
主にマンションになるかもしれません。
共用部分に関するチェックリストです。

近隣の人と関係する部分はトラブルの元となりやすいので
よく見ておきましょう。

■エレベーターはある? ・マンションなどの場合、エレベーターの有無、そして防犯の程度をチェックしましょう。
最近ではカメラが付いているエレベーターが据え付けられている場合が多いです。
■オートロックはある? ・マンションではオートロックの有無もチェックです。また管理人さんが常駐なのか、平日の9時-5時のみなのかも聞いておきましょう。
■駐車場・駐輪場はある? ・車や、自転車などがある場合、駐車場・駐輪場が必要でしょう。借りることができるのか、使用料はいくらかチェックしましょう。
■外壁はキレイ? ・一戸建てはもちろん、マンションの場合も外壁
■壁は薄くないか? ・マンションなどの場合、内側の壁が薄い場合があります。隣の人の話し声や、上の階の人の歩く音などが聞こえないでしょうか?
■電波は入る? ・携帯・PHSなどの電波は入りますか?入らないと大変面倒なことになります。
■インターネットは使える? ・インターネット(光ケーブル・ADSL)などはどこの業者が使えるでしょうか?
マンションなどではすでに決まった業者があり、料金も自由に選べないケースがあります。
■共用部分の廊下や階段は掃除されている? ・マンションでは管理費に掃除の費用が含まれていますが、ちゃんと掃除されているでしょうか?
■郵便受けはちゃんとしてる? ・郵便受けはしっかりとしたものが据え付けられているでしょうか?
ちなみに郵便受けが荒れているようだと、他の住人がいい加減な人が多い場合もあります。
■ゴミ置き場はきちんとしてる? ・自分が利用することになるゴミ置き場はどのように管理されていますか?近隣の人が順番に掃除することになっているのでしょうか?
■エレベーター、ドア、廊下の幅は十分? ・大型の家具や家電を持っている場合、ちゃんと家の中まで搬入できるか、エレベーターの大きさ、廊下やドアの幅、その他搬入口などもチェックしておきましょう。

 

周辺環境のチェックリスト

スーパーマーケット
新居をチェックする場合、家の室内と共用部分だけでは十分ではありません。

家自体が住みやすい環境にあるのかもしっかりと確認しましょう。

■通勤・通学のルートは? ・最寄りの駅やバス停、道路をチェックします。駅まで歩いたら何分かかりますか?近くの高速道路の入り口はどこになりますか?
■騒音はする? ・近くに幹線道路や電車が通っていたりすると気になるのが騒音です。
特に夜勤をしている人には大切な点でしょう。
■近くのスーパー・コンビニまでの距離は? ・家の近所に歩いて行けるスーパーやコンビニがありますか?どのくらい時間がかかりますか?
■近くにある銀行、病院、公共施設は? ・銀行、郵便局、病院、役所などは近くにありますか?あるのとないのとでは利便性がずいぶん違います。
■危険な施設はないか? ・逆に危険な施設はありませんか?原子力発電所、鉄塔、煙をモクモクだしている工場など、聞いておきましょう。
■通学路は安全か? ・歩いて登校する小中学校などの場合、登校路は安全でしょうか?
■治安はいい? ・治安はいいでしょうか?昼間は安全そうでも、夜になると一変するかもしれません。
最終的に決めてしまう前に夜の時間に一度訪ねた方がいいでしょう。

以上、しっかりと新居をチェックし、自分にあったいいものを見つけてくださいね。
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ