引越しチェックリストで引越し手続きの漏れを防ごう

引越しチェックリスト引っ越しの大まかな段取りが組めたら、あとは引越しチェックリストに基づき一つ一つの手続きをもれなく行っていきましょう。ここでは最低限必要な引越しチェックリストを上げています。

引越し先が遠い場合、もし手続きに不備などがあるとまた旧居の役所まで出向かなくちゃいけなかったりするので引越しチェックリストを活用し、漏れがないよう注意しましょう。

■ 引越しチェックリスト1-市役所での手続き

転居届
・印鑑と身分証明をできるものを持参する。
・住所異動届を出し、転出証明書を発行してもらおう。
印鑑登録 ・転出届を出すと自動的に消去されます。
国民健康保険 ・保険証、印鑑を持参。
・異動届を出し、保険証を返却します。
国民年金 (転入先にて手続き)
福祉関係 ・児童手当などの資格喪失届を出す。印鑑を持参する。
原動機付自転車 ・ナンバー、車両番号交付証明書、印鑑を持参する。
・廃車届の提出を行う。

■ 引越しチェックリスト2-教育委員会で転校手続き

保育園・幼稚園 ・インターネットや引越し先の自治体に直接問い合わせるなどして情報を収集する。
公立小学校・中学校 ・印鑑、転出証明書を持参し、異動表を発行してもらう。
・異動表は現在通学している学校に提出する。
・学区から在学証明書や各種書類を出してもらう。
公立高等学校 ・都道府県によって異なるので、引越し先の都道府県教育委員会に問い合わせることになります。
私立の小・中・高等学校 ・編入を希望する学校へ直接問い合わせることになります。

■ 引越しチェックリスト3- 郵便局

郵便物転送願い ・転居届を現在の受持ち郵便局に提出する。
・そうすると1年間新居に転送をしてくれる。
郵便貯金 不要

■ 引越しチェックリスト4-銀行・その他

銀行貯金 ・転出先に同行支店がない場合は解約する。
クレジットカード・有価証券 ・各社に電話で問い合わせる。

■ 引越しチェックリスト5-電気・ガス・水道

電気 ・いずれも引越し当日の1週間~3日前までに。
①それぞれの会社の受持ち営業所へ連絡する。
②引越し先の会社にも、当日から使用できるよう連絡する。
ガス
水道

■ 引越しチェックリスト6-電話の移設

移設工事 ・116へ電話し、
①取り外し日、引越し先の住所を指定する。
②転出先のNTT取り付け日時を指定する。
・NTTには引越しの1か月前から受付できます。
NTTに連絡ができれば、電話は引越しの当日に、旧居と新居のどちらでも使用できます。

■ 引越しチェックリスト7-自動車運転免許証

住所変更の手続き ・引越し後に手続きをする。

 

引越しそのものは引越し業者に任せてしまえばそれほど大変ではないかもしれませんが、住所変更などの手続きが手間がかかります。引っ越しチェックリストに書かれている移転作業と清算・手配を確認しポイントを押さえて早めに行うようにしましょう。引っ越しチェックリストには書きませんでしたが、転居の挨拶やお礼も早めに行っておくと、引越し当日にバタバタする必要はないでしょう。チェックリストには最低限の住所変更しかありませんが、月額いくらで料金を払っているような追加のサービスを利用している場合も忘れずに解約あるいは住所変更をしておきましょう。準備が成功の秘訣です。

あとは、引越し見積もりをして、いかに安く引越しをするかですね。格安の引っ越し業者を見つける方法は、無料一括査定をしてみることです。

→ 引越し見積もりランキング

 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ