引越し一番安い日取りはいつ?風水・六輝・六曜なんて関係ない2016年版!

引越し先の新居がきまったら、いよいよ引越しの日取りを決めなくちゃいけません。
とにかく安い引越しにしたい場合、お勧めな日取りがあります。仏滅です。
引越し日取り
以下、
■引越し日取りを一番安い日取りで決める場合
■引越し日取りを賃貸契約を考慮して決める場合
■引越し日取りを引越し業者の見積もりに合わせて決める場合
を参考にしてみてください。
 

引越し日取りを一番安い日取りで決める場合

引越しの日取りで、最も安いのは・・・引越し業者さんが一番忙しくない時です。
すばり、1年の中で一番忙しいのは2月~4月と言われています。
その中でもさらに忙しいのは土曜日です。もちろん日曜日も忙しいですが。

また世の中には仏滅や大安(六輝・六曜)などを気にする人がいます。
私もそうですが、「そんなのまったく気にしない」と言う人は「仏滅」に引っ越すのが一番安いです。

というわけで、まとめると、
融通が利くようなら2月~4月以外、そして仏滅の平日に引っ越すのが一番安くつきます。

2016年版の六輝・六曜カレンダーを見て「仏滅」の日を探しましょう(笑)とにかく仏滅の日が引越しの安い日ですから。

引越し日取りを賃貸契約を考慮して決める場合

賃貸の場合、引越し日の決め方は、旧居の賃貸契約に沿い、家賃の支払いが無駄にならないようにするべきでしょう。

「賃貸借契約の解約」の記事にも書きましたが、賃貸契約によっては引越しの意思表示をしてから3か月先までの家賃を支払わなければならないことになっている場合があります。

そういう場合、重要になるのは旧居と新居の上手なつながり、引っ越すタイミングになりますので、ここは慎重に引越しの日取りを決めましょう。

そのような慎重な考慮を経て引越し日が決まったら、大家さんあるいは管理会社にすぐに連絡をします。
引越し掃除
当然引き渡しの際には、大家さんか管理会社が立ち会いに来ますので、その段取りを決める必要があります。
立ち会いの際に、家の内部に傷や傷みがないかチェックされ、敷金からいくら引かれるかが決まります。

家の中はできるだけきれいにし、汚れなどを拭いておくと印象がよくなるでしょう。

また引越し日が近づくにつれ、家の中は散らかってきますから、引越しの日取りがきまったら
できるだけ早く物事を進めるようにしましょう。

引越し日取りを引越し業者の見積もりに合わせて決める場合

引越し業者に引越し見積もりをしてもらう時に、自分の都合のいい日ではなく、引越し業者さんの都合のいい日に合わせることで大幅な割引をしてもらえるケースがあります。

引越し業者は特に忙しい時期などはアルバイトを大量に雇っています。
しかし中には引越しの予定が入っていたのに、突然キャンセルになってしまうケースなどもあります。
引越し業者
そういう穴を都合よく埋めてくれる別のお客さんがいるととっても助かるんですね^^
しかし最初から「引越し業者さんの空いてる日に合わせます」と言っちゃいけません。

まず最初は、見積もりを出してもらう時にこちら側の都合のいい日で料金を出してもらいます。
そして一通り値引き交渉をしてから、「こちらが業者さんの都合のいい日合わせたら、もっと安くなりますか?」と聞いてみてください。

そうすると、場合によってはかなりの値引きを期待できるでしょう。

いずれにしても引越し日が決まったら、やれることはどんどん前倒しでやっていきましょう。
親族や友人に引越しの手伝いを頼む場合も、できるだけ早く引越し日を伝えることで、気持ちよく助けてくれることでしょう。

 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ