一戸建て、マンションへの引越しにかかわる環境を確認しよう!チェックリストまとめ

新居の一戸建て・マンションが決まったら、いよいよ引越しの段取りに入っていきます。

できれば引越し業者に見積もりをお願いする前に、新居の周りの引越しにかかわる環境を調査しておきましょう。

その情報を引越し業者さんに伝えることで、見積もりやその他必要なオプションの選択がスムーズにいきます。
一戸建て環境チェック引越し当日に困ってしまう状況を避けるために、
ぜひ下調べを十分にしておきましょう。

以下、
■一軒家への引越しでチェックすべき環境
■マンションへの引越しでチェックすべき環境
をお送りします。
 

一軒家への引越しでチェックすべき環境

■新居前の道路幅は狭くないか?
■高さ制限のある場所(高架下や橋など)はないか?
■新居が高台に建っていて階段などがないか?
■曜日によって交通規制があり車が通れないことは無いか?

自分たちの手で引越しする場合でも、引越し業者にお願いするにしろ、引越しにはトラックと人手が必要になってきます。そこで注意したいのが、新居を取り巻く物理的な環境についてです。

まず、新居付近の道路事情と玄関付近の状況を考えましょう。
玄関の近くまで大型トラックが入れて、駐車する場所が確保できれば問題はありません。

しかしそれが無理な場合は、駐車可能な場所から玄関まで荷物を運ぶための台車を用意したり、小型のトラックを利用するようにして荷物を分けるなどしなければいけません。

玄関までに階段や段差があればそれも難しくなり、より多くの人手が必要になるでしょう。

雨など降った時に荷物を一時的における場所があるかどうかもチェックしておきたいところです。
 

マンションへの引越しでチェックすべき環境

■マンションにエレベーターはあるか?
■エレベーターのドアが開いた時の天地左右奥行き、積載量は十分か?

マンション環境チェックマンション・集合住宅の場合は、エレベーターの有無と大きさ(ドアが開いた時の天地左右、奥行き)そして積載量を確認しておきましょう。

マンションにエレベーターがなかったり、入らない荷物に関しては、階段を使うかクレーンなどを利用するしかありません。

業者に引越しを依頼する場合は以上の点を確認して状況を伝えれば、必要な準備を整えてくれます。マンションへの引越し料金に影響する場合は、再度見積もりを出してもらいましょう。

自分たちの行う場合は、状況次第で依頼する人員を増やすなどの手当てが必要になるので、当日困ったことにならないように十分検討を重ねるようにしましょう。

 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ