引越しに伴う粗大ごみの処理の仕方

粗大ごみ
頻繁にはやらない引越しですから、この機会に要らない
ものはごっそり処分したいものですよね。

ただし、タンスやベッドなどの大型粗大ごみは普通の
ごみ収集で捨てることができません。

それで、そういった大型の家財道具を処分するには、
市区町村の清掃事務所に連絡して取りに来てもらうことになります。
その方法は各自治体によって異なるため、まずは担当窓口に連絡してみましょう。

粗大ごみの収集はほとんどの場合有料ですが、それほど高いものでもありません。
回収前に支払う場合、回収後に支払う場合の両方がありますので、これも自治体の窓口で聞いてみましょう。

地方公共団体ホームページへのリンク一覧
日本の地方公共団体一覧(Wiki)

 

粗大ごみとして収集してもらえないもの

自治体の収集業務で収集してくれるものは、ある程度決まっています。
例えば、ピアノやタイヤ、消火器や灯油、耐火金庫などは処理してくれません。

それでそういう場合は、
■一般の買取業者を探すか、
■購入したお店に問い合わせて、処分してくれるかどうか聞いてみる、
■あるいは処理してくれる処理業者を紹介してもらえるか聞いてみる、
といいでしょう。

また引越しの見積もりをしに来てくれた業者に、無料で引き取ってくれるかどうかを聞いてみるのもいいと思います。
★引越し見積もりランキングへ
 

粗大ごみをリストにしよう

引越しが決まったら処分する粗大ごみのリストを作りましょう。
そしてそのゴミをどこで処分するかも書いて、次々と連絡していきましょう。
早めに対応しておくことで、あとあとの引越しがスムーズにはかどります。

★サイトトップへ
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ