引越しで新聞の住所変更。新規契約で新聞の特典をゲットする方法

現在新聞をとっている人は、引越し前にしっかりと連絡をして、住所変更を伝えましょう。
しかし、引越し先で同じ新聞をとるにしても、新規で契約した方が何かとお得です。
新聞住所変更
以下
■普通に住所変更をする方法
■新規契約をして特典をゲットする方法
■全国新聞リンク集
■地方新聞リンク集
を掲載しています。
 

普通に住所変更をする方法

新聞を止めてもらう

引越しで住所が変わる場合、新聞の住所変更をしなければいけません。
まずは現在持ってきてくれている新聞を止める必要があります。

方法は簡単で、
新聞の集金に来る人に言う
新聞の集配所に電話をする
方法があります。

電話などで連絡をした場合に必要な連絡事項としては、
現住所
契約者の氏名
引越し日時
新聞配達を停止する日
になります。

また、できれば新聞を止めてほしい日の1週間前までには連絡しておきましょう。
早めに連絡をしておくと、日割りでの集金に対応してくれるはずです。
 

新住所でも同じ新聞を取り続ける場合

新住所でも引き続き同じ新聞を取り続けるとして、
■全く違う都道府県に引越しし、全国新聞を取り続ける
■同じ地方新聞を取り続けられるエリアに引越しする
の2つのケースが考えられます。

もし、普通に住所変更を行い、新しい住所にも新聞を届けてほしい場合は、上記で書いた旧新聞販売店に電話をした時に尋ねてみるか、新聞に書かれている代表の電話番号に電話をして、新しい住所での新聞販売店を紹介してもらうといいでしょう。

もし、12か月、半年の契約中なのであれば、普通に住所変更をするしか選択肢はないかもしれません。

しかし、もし契約期間を終わっているのであれば、仮に同じ新聞を取り続けるにしても、下記に書いている方法を試してみてください。きっと特典をゲットできますよ。
 

新規契約をして特典をゲット

新聞契約特典
同じ新聞を取り続けたくても特典をゲットする簡単な方法は、旧住所で一度新聞の契約をやめ、新住所で新しく契約をすることです。

昔は新聞を新しく契約するといろんな特典をもらうことができました。
読売新聞だとジャイアンツの野球観戦チケットや、商品券2万円分をくれていた新聞社もありました。

しかし、最近ではなかなか新規契約でも特典をもらえません。
新規契約を取りに家を回っているセールスマンに直接交渉するということもできますが、いつ家に回ってくるかわからないという欠点があります。

そういう場合、取りたい新聞社のホームページに行くと、新規契約のキャンペーンをしている場合があります。

また毎日新聞のようにJALカードと提携していて、マイルをプレゼントしていたり、新聞代の引き落としをクレジットカードですることで通常よりポイントが2倍ついたりするサービスをしていたりする場合もあります。

長い目で見ると、結構大きな特典になりますので、引越しをうまく利用したいものです。
以下に各新聞社のホームページのリンク先を張っておきます。
 

全国新聞リンク集

一般に全国紙と言われている新聞社です。
ホームページを見ると、時々新規契約のキャンペーンやお得情報が載っていることがありますので、引越しを期にチェックしてみてください。

■朝日新聞
■産経新聞
■日本経済新聞
■毎日新聞
■読売新聞
 

地方新聞リンク集

地方新聞と言っても、結構大きな規模の新聞から、かなりマニアックな新聞もあります。
ですので、それら地方新聞社のリンクを集めているサイトをここでご紹介しておきます。

■全国各地の新聞社サイト一覧
■日本全国の新聞社一覧
■日本の新聞一覧(wiki)
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ