廃車買取業者の比較ランキングと自分で廃車手続きをする方法・費用

引越しの際に、放置していて動かなくなった車の処分に悩まれる方もいらっしゃるでしょう。通常廃車の費用というのは2万円程度かかりますが、平成17年に施行された自動車リサイクル法により、廃車費用+リサイクル費用を支払う必要があります。リサイクル費用は車種や年式などにより異なりますが、だいたい6,000円~18,000円です。(詳しく知りたい方は、「自動車リサイクルシステム」公式サイトへ)

 

それで、もしあなたが廃車手続きをしようとしているのであれば、「廃車無料一括査定」を利用してみることをお勧めします。それが事故車、水没車、不動車、ローン返済中であっても大丈夫です。即日見積り額を出してくれ、価値のある車は高く買取ってくれます。車検が残っていなくても大丈夫です。

→さっそく廃車を無料査定してもらう

 

なぜ廃車寸前の車が売れるのか?

廃車手続き

なぜ買取業者は、スクラップになるような車をお金まで出して出張引取りしてくれるのでしょうか?簡単に言うと、彼らは海外に販売する複数のルートを持っているからです。特に東南アジアでは古くなった日本車が輸出されています。そして彼らは何度でも修理してボロボロでもとことん利用します。ですからエンジンなどのパーツも部品として売買されているわけです。もともと処分される予定の走行距離10万km越えの車でも最低でも0円で引取りしてくれます。特に昭和のような年式の古い自動車でもトヨタやホンダなどのメーカーは売れると思います。ディーラーで下取りしてもらうより断然高価買い取りで、査定結果は良いです。

 

廃車オンライン無料一括査定ランキング

廃車の査定の場合、もはや相場などあってないようなものです。ただそれでも業者には欲しい車種というものがあります。ある程度専門としているユーズドカーをラインナップしておきたいでしょうし、エリアによっては似たような車種ばかりで要らないものもあるでしょう。それで業者はキャンペーンを実施して、この車種なら高く購入しますよと宣伝するケースがあります。なお廃車手続きの際に名義変更も代行可能ので、電話などで依頼しましょう。もちろん登録している書類は自分で準備する必要はあります。

 

業者に廃車手続きをしてもらう方法(自走可能な場合)

廃車査定

廃車の対象となるくるまには2種類あります。それは「自走可能」と「自走不可能」です。読んで字のごとくですが、車が動くかどうか、ということが結構重要です。というのも査定をしに来る人は引き取りの際に専用の車(レッカー車やトラック)でくる必要があるからです。

できるだけ高い価格で売るには、 複数の業者に見積もってもらうのが秘訣です。

自走が可能な場合、以下の一括無料査定を利用するといいです。
■簡単車査定ガイド
■ズバット車買取比較
■カービュー
 

業者に廃車手続きをしてもらう方法(自走不可の場合)

自走が不可能の車を廃車にするには、それを運ぶためのトラックなどが必要なため、普通の業者ではやってくれません。そんな中、動かない車、事故車などでも買い取ってくれる業者さんをご紹介します。

通常廃車手続きにはお金がかかりますが、これらの業者さんを通すと、少なくとも廃車費用が掛からない場合が多いです。

1位 カービュー detail
  • マイクロソフトとソフトバンクが作った会社。
  • カービューの無料一括査定の利用者は300万人を突破!
  • 評判、口コミ、対応のいいお店のみを厳選
2位 カーセンサー detail
  • 中古車販売で有名な「カーセンサー.net」が運営する買取サービス。
  • 事故車でも水没車でもなんでも購入してくれます。

 

自分で廃車手続きをする方法

とはいえ、中には業者でさえ買取りできないケースもあるかもしれません。それで「どうやって廃車したらいいかわからない」という悩みを持っている人のために、以下の記事で一般的な廃車手続きの例を紹介します。情報は2016年8月現在のものですが、多少古い場合もあるかもしれません。運輸省のサイトなどを参考にしてください。

1.一時抹消手続きをする

まずは書類を集める

自分で集める書類
自動車検査証
自動車税・自動車取得税申告書
印鑑証明書
実印
 

次に、自動車解体屋さんに車を持っていく

ここで業者さんにナンバープレートを外してもらいます。
注意すべきは、自分でナンバーを外すと法律違反になってしまう点です。
 

その後、自分の住んでいる地域の管轄陸運局に行く

【希望番号予約センター】
最初に局内にある「希望番号予約センター」に行き、「手数料納付書」をもらいます。
そこにナンバープレートの番号を記入して、「ナンバープレート」と「手数料納付書」を窓口に提出します。
すると受領印が押印された手数料納付書が渡されます。

【売店】
今度は同じ運輸局内にある「売店」に行き、
OCRシート(第3号様式の2)」と「印紙350円」を購入します。

廃車手続きに必要なOCRシートへの記入は、近くに記入例が張り出されているのでそれを参考に記入しましょう。実印を押す部分があります。
印紙は「手数料納付書」貼り付けます。

【申請窓口】
これも運輸局内にある「申請窓口」にいき
■「手数料納付書」(印紙貼り付け済み、プレート返却済み)
■「OCRシート(第3号様式の2)」(記入済み、実印の押印済み)
自動車検査証
印鑑証明書
を提出します。

問題がなければ「登録識別情報等通知書(一時抹消済み)」が発行されます。
これは後に提出してなくなってしまうのですが、車庫証明や任意保険などで必要な場合があるのでコピーしておくことをお勧めします。
 

2.解体業者に解体作業を依頼

一時抹消が終わったことを解体業者に知らせて、車の解体作業に入ってもらいます。
通常、書いた移管料までに1週間前後かかります。

解体が完了すると、「解体通知」というものが送られてきます。
そこに「移動報告番号」「車台番号」「解体報告記録日」の3点が書かれています。
この3つのデータが次の手続きに必要になります。
 

3.解体届出の手続き

まずは書類を集める

登録識別業法等通知書
解体通知
振込先口座の情報(重量税が返ってくる場合の振込先)
 

再び自分の住んでいる地域の管轄陸運局に行く

【売店】
売店に行き、「OCRシート(第3号様式の3)」と「手数料納付書」を購入します。

「OCRシート」には「解体通知」にある「移動報告番号」と「解体報告記録日」を記入し
「手数料納付書」には「車台番号」を記入します。
重量税の還付がある場合はここで、「振り込んでほしい銀行口座名」を記入します。

【申請窓口】
申請窓口に行き、
廃車査定
■「手数料納付書」(記入済み)
■「OCRシート(第3号様式の3)」(記入済み)
■「登録識別情報等通知書
を提出します。

以上で手続き終了になります。
大変ですね~^^;
 

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ