引越し業者を選ぶ前に考慮に入れておきたい4つの重要なポイント

最近ではたくさんの引越し業者が差別化を図ろうとして、
いろんなサービスを打ち出しています。
引越し業者の選び方

引越しをメインにしている大手の業者は大々的に広告を
打ち出していますし、もっと細かなケアをウリにしている
中小規模の引越し業者もあります。

これだけたくさんある引越し業者の中から、
どうやって選べばいいのでしょうか。

業者の選ぶポイントは主に4つあります。

引越しの距離
荷物の量
旧居、新居の立地条件
予算

 

1.引越しの距離

まずは引越しの距離が業者を決める大きな一歩になるでしょう。

近所での引越しなら、大手の業者でなくても、
安く丁寧にやってくれる引越し業者に頼めばいいかもしれませんが、
北海道から沖縄に引っ越すような場合、どんな運送手段で引っ越すのか
そしてそれをやってくれる業者はどこなのかを調べる必要があるでしょう。

■一般的な引越し業者を使った引越し(詳細
■赤帽を使った格安な引越し(詳細
■JR貨物を利用する引越し(詳細
■航空貨物を利用する引越し(詳細

 

2.荷物の量

荷物量も非常に重要でしょう。荷物量が少ない場合だと、
小さなトラックで運べるため小規模の引越し業者の方が安上がりかもしれません。

が、逆に荷物量が非常に多い場合は、
大きなトラックを持っている大手業者に頼んだ方が最終的には安上がりになるでしょう。

また小さな子供がいる場合などは、ある程度任せられる大手の業者のほうが実際的と言えるでしょう。

 

3.旧居、新居の立地条件

旧居、新居のいずれかがマンションや団地で、さらにエレベーターがない場合などは
引越しの費用がかなり高くなることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

当然引越しのスピードが遅くなりますし、業者も若いスタッフを連れてくる必要があるため、
全体的に高くなることが容易に予想できます。

 

4.予算

ある意味予算が、業者を選択するうえでの最大のポイントとなるでしょう。
確かに安い業者はあるのですが、あまりにも安い場合荷物の扱いがプロフェッショナルでない場合もあり、あとあと後悔することになりかねません。

また引っ越す時期によって費用が大きく変わることもわかっておきましょう。
1年のうちで最も引越しが多い時期は、3月、4月、8月、10月です。

特に3月と4月は進学、就職、転勤などが重なる時期なので1年の引越しの3割がこの時期に集中すると言われています。

また当然ですが、引越しが集中するのは金曜日、土曜日、日曜日となり、これらの曜日は引っ越し代金が高くなることも覚悟しておきましょう。

★実際にかかる引越し費用を調べてみる→

みんなの評価 
分かりにくいすこし分かりにくい普通まーまーわかったよくわかった (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ